白菜のおひたし│シンプルでおいしい、定番の簡単おかずのレシピ

2021年5月30日レシピ

監修 料理研究家 平山さおり

20代の頃に都内にて、フランス料理の修行を始める。11年後独立し、以降飲食店の運営、執筆、商品開発等を行っている。

【温かさ、冷たさ長持ち】ステンレス製 真空断熱マグカップ

白菜の画像

今回ご紹介するレシピは、白菜を蒸し茹でにし、お好みの葉野菜で包みあげ醤油またはポン酢でいただく「白菜のおひたし」です。

冬はもちろん、普段の「もう一品」のおかずにも最適です。

簡単でシンプルな味付けで美味しい、人気の和食のおかずです。レパートリーの一つに入れておきましょう!

簡単、シンプルで美味しい「白菜のおひたし」

材料

おひたし

白菜4枚
小松菜2束
適量

(ほうれん草・春菊などでも美味しくいただけます)

仕上げの調味料

醤油大さじ2
砂糖大さじ1
ごま大さじ1

作り方

  1. 白菜をよく洗い、鍋に入れます。
  2. 完全に白菜が浸るまで水を入れ蓋をし、中火にかけます(落し蓋が良い)。
  3. しんなりとしたら裏返し、そして柔らかくなるまで蒸し茹でにします。
  4. 茹で上がったらザルに上げ水を切り、塩ひとつまみを軽く振ります。
  5. 小松菜は塩を入れた熱湯で茹であげます。
  6. 茹で上がったら水にあけ、形を整えます。
  7. 白菜と小松菜が準備出来たら、まずは白菜をまな板に広げます。
  8. 白菜の軸を包丁の背で軽く叩き柔らかくします。
  9. 柔らかくした白菜の根本を互い違いに置き広げ、中心に小松菜を棒状に置きます。
  10. 白菜の長辺から手前に巻き上げ、水気を絞ります。
  11. 丸く形作れたら3cm~5cm大に切ります。
  12. ごまをすり、砂糖、醤油を加えよくすり混ぜます。
  13. 切り分けたおひたしをお皿に盛り付け、仕上げのごま醤油をかけたら出来上がり。

Tips

予め鍋を2つ用意し、同時進行で茹であげるとスムーズです。

また、白菜と小松菜を巻き上げる際には巻き簾を使うのがオススメです。手で巻き上げるよりも更に形良く、簡単に仕上げられます。切り分けたときの白菜と葉野菜の色味も彩り良く仕上がります!

今回はごましょうゆを仕上げに使いましたが、ポン酢をかけるのもGOOD。七味唐辛子、山椒といった香辛料をかけても、とても美味しくいただけます。

とっても簡単なのに、アレンジも簡単!小松菜の他に春菊、ほうれん草を使うのも美味しくて人気の「白菜のおひたし」。ぜひあなたのレパートリーにもこちらのおかずを加えてみてください。

レシピ

Posted by ruriIroGourmet