驚きの牡蠣鍋の効能!そして自宅で出来る牡蠣鍋レシピ

牡蠣好きなら食べたい!『牡蠣鍋』

が近づくにつれ、どんどんと旨味を増す魚介類たち。

中でも海のミルク『牡蠣』は、
美容と健康に良い食材なので、定期的に食べたい料理ですね。

そんな牡蠣は秋から冬にかけて旬を迎えますが、
牡蠣好きなら牡蠣の旨味をたっぷりと味わえる
『牡蠣鍋』が食べたい
という人も多いのではないのでしょうか?

3abd88ced8f0d8501847452fd3ad1974_s
ただどうしても「牡蠣鍋」と聞くと

「難しそう」
「自分で作れるか心配」

と思ってしまいがちですが、
実は牡蠣鍋は自宅でもカンタンに作ることが出来るんです!

牡蠣鍋を作る前に知りたい、牡蠣鍋の効能

牡蠣は多くの人がなんとなく「身体に良さそう」
というイメージで食べています。
実はそのイメージを遥かに上回る効能が牡蠣にはあるのです。

  • 貧血防止
  • 疲労回復
  • 精力増強

牡蠣には鉄分がたっぷりと含まれています。
この鉄分によって、血液が増え、貧血の予防や改善が見込めるのです。

さらに牡蠣にはグリコーゲン、タウリンが含まれており、
疲労回復効果も期待できます。

そして、何より牡蠣に含まれる亜鉛は、
男性の皆さんに効果てきめん!

最近元気がない旦那様の身体を考えるなら、
やっぱり牡蠣鍋が1番でしょう。

美味しすぎてやばい!牡蠣鍋のカンタンレシピ

牡蠣鍋の効能がわかったら、次は自宅でも作れる
牡蠣鍋のレシピをご紹介したいと思います。
用意する食材はこちら。

8eff058adfb673e817a98d871d58c012_s


【牡蠣鍋に必要な材料】

  • 牡蠣:1パック
  • 白菜:1/4
  • 糸こんにゃく:1/2
  • ししたけ:2個
  • 豆腐:1/2パック
  • ねぎ:1本
  • 味噌:大さじ2
  • だし汁:300ml

まず牡蠣を良く洗います。

次にバネにだし汁を入れて沸騰させ、
その中に味噌を溶かしてください。

味噌の量はお好みでもOK!
薄味でも良いという方は、
ダシを感じるくらいの薄味にしましょう。

次に。豆腐、しいたけ、白菜、糸こんにゃくを、食べやすい大きさにカット。

鍋が温まったら、

野菜を入れ、

豆腐→糸こんにゃく→白菜の芯→しいたけ→ネギ→牡蠣→白菜の葉の順で食材を入れましょう。

中火で7~8分煮込めば牡蠣鍋の完成です!

アレンジもイロイロ!〆もイロイロな牡蠣鍋

今回はオーソドックスな味噌ベースの
牡蠣鍋レシピをご紹介させて頂きましたが、
醤油ベースでも、トマトベースで食べても美味しく牡蠣を食べることが可能です。

もちろん、〆もいろいろなモノが食べられます。
ご飯とタマゴを入れて牡蠣雑炊で〆たり、
うどんを入れたり、そうめんを入れたり、ちゃんぽん麺を入れたり……。

はたまたトマトとトマトケチャップを足して、
チーズも加えて、パスタとして食べる、
なんて変わったアレンジ方法もあります。

もしも、アナタが牡蠣鍋を作るなら、
今日の〆はちょっと冒険してみるのも悪くないかも?

Related Articles

最高に美味しいトマトを買い、食べるための5つのポイント

パスタソースに使ったり、お肉と煮詰めたり、ジュースにしたり、サラダにしたり。どんな食べ方をしても美味しいトマト。しかし残念なことに、たまに当たり外れがあります。水っぽかったり、味にエグみがあったり。出来ることならそれらを避けて購入したいものです。今回は、私が普段トマトを買う際、そして買った後に気を付けているポイントを5つご紹介します。