広島牡蠣の旬はいつ?日本一の生産量を誇る広島牡蠣を旬に食べよう♪

2021年5月30日食べ物

監修 料理研究家 平山さおり

20代の頃に都内にて、フランス料理の修行を始める。11年後独立し、以降飲食店の運営、執筆、商品開発等を行っている。

【台所の油汚れに悩む方にオススメ】キッチン用セスキシート

やっぱり牡蠣を食べるなら広島で!ところで気になる広島牡蠣の旬

から冬にかけて、どんどの美味しくなっていく牡蠣。

日本各地で牡蠣は取られていますが、
中でも広島は牡蠣の名産地として、広く知られています。 🙂

4bb0f519feb03022606259dd1de1dc6a_s

なんでも広島の牡蠣生産量は、日本一。
日本国内で流通している牡蠣の約半分は広島産だと言われています。

広島の牡蠣は小ぶりながらも、中の身が大きく、
味も濃厚で多くの牡蠣好きがわざわざ牡蠣が

美味しくなる季節になると広島に訪れています。

でも、広島の牡蠣が1番美味しくなる旬、って一体いつなのでしょうか? 😉

広島牡蠣の出荷は10月から5月まで その中でもっとも美味しい旬の牡蠣は……

今では一年中牡蠣を食べることが出来るようになっていますが、
広島の牡蠣は10月から翌年の5月まで、市場に広島牡蠣が出回っているようです。

牡蠣と聞くとどうしても、秋の終わりや冬の味覚と思われがちですが、
本当に美味しくなる時期は年明けの1月中だと聞いています。

その理由は牡蠣の体内に、美味しさの源と言われるグリコーゲンが
もっとも蓄えられているのが、年明けの冷たい海を経験した牡蠣だからなのです。

つまり正月明けこそが、広島牡蠣が1番美味しいシーズンなのです。


広島牡蠣が年明けに美味しい秘密

広島牡蠣は、10月からすでに市場に並びます。
もちろん、最高に美味しい旬の時期に比べれば他の時期は、
やや味が落ちますが、それでもその美味しさは広島県民の誇りです。

さて、そんな広島牡蠣が年明けに美味しいのは、
ただ単にグリコーゲンを豊富に含んでいるからではありません。

1月の極寒の広島の海の中で、牡蠣が育つからこそ年明けの牡蠣は美味しいのです。

牡蠣は水の中で生きる生き物ですが、
それでも冷たいよりも暖かい方が過ごしやすいです。

しかし、暖かい時期よりも、その身に栄養を蓄えなければ
しっかりと成長することが出来ない冷たい水の中で育成され牡蠣は、
冷たい水に耐え、栄養を蓄えようとすることで、身がきゅっと引き締まります。

特に広島牡蠣は数本の一級河川が運ぶミネラルを
たっぷりと含んでおり、栄養タップリのプリプリ!

中でも広島県で定められた指定海域「清浄海域」で
育てられた江田島市のカキは一度食べれば、
もう他の牡蠣を生では食べたくなくなる程の美味なんだとか。

今年のお正月休みは広島に牡蠣を食べに行こう!

せっかく広島牡蠣の1番美味しいシーズンを知ったのですから、これを逃す手はありません。

今年のお正月は旬の広島牡蠣を食べに広島へ行ってみたいですね!

食べ物

Posted by ruriIroGourmet